息が臭い原因はコレだった!押さえるべき3点とは?!

なぜか息がとっても臭い!この原因解決には押さえるべき3つのポイントが存在しました!
MENU

息が臭い原因とは?

 

息の臭いは人に言えないような悩みの代表例!
ただ、それに反して実際周りの人がその臭いに気づいている可能性が高い悩みでもあります!

 

息が臭い原因として考えられるのは1つだけではありません!いくつかのパターンが存在します。
息が臭いのを適切に改善するためには自分がどのパターンに合致しているのか
原因をまずは知ることが重要になってきます。

 

そして、多くの人が息が臭い原因をしっかり把握する前に色々な対策を試みてうまくいって
いないことも多いそうです。それだけ様々な情報が世に出回っているせいもあるかもしれませんが。。。

 

当サイトでは息が臭くなってしまう原因を3つの要点に整理して、
どのような人にそれらの臭いのトラブルが発生しやすいのかを紹介したいと思います。

 

息が臭い原因は唾液の量が大事!

 

息が臭い原因として一番誰にでも起こりうる可能性が高いのが、この唾液の量に関連したもの!
唾液には下記のような息の臭いを抑えることに貢献する効果があります。

◎息が臭い原因となる口内の雑菌、口臭原因物質を希釈する効果
◎唾液に含まれる殺菌成分による口内雑菌の除去

つまり、唾液の量が十分にあるということは、それだけで息の臭いを予防してくれており、
逆に言うと唾液が足りていないということは息が臭い原因になってしまうということです!

 

唾液の量が少なくなってしまう場面や行動というのは数多くあります。
例えば、下記のような人は唾液の量を疑ってみる必要があるかもしれません。

◎口呼吸のクセのある人
◎水分補給をあまりしない人
◎ストレスを感じやすい人
◎緊張しやすい人
◎食事をあまり噛まないで食べている人
◎朝ごはんを毎朝抜いている人
etc・・・

 

上記はいずれも唾液の量が少ない人に見られる傾向です。
もちろん、体質的な問題で唾液が元々あまり出にくい人もいますし、
年齢を重ねると当然若い頃よりも唾液が出にくくなっていくものなので高齢の方程どうしても息が
臭くなってしまいやすいというのもあります。

 

ただ、そんな人たちでも上記に挙げた唾液量を少なくしている原因を1つ1つ改善していくだけで、
多少なりとも唾液の量を増やし、息の臭いを軽減することができるはずです!
まずは、普段自分が唾液の量を減らすような行動をしていないか?見直してみてはどうでしょうか(^^)

 

息が臭い原因は胃腸の健康状態にもある!

 

息が臭い原因はなにも口の中だけではありません。体の内側から発生するケースもあります!
体の中から発生する息の臭いは主に胃腸が原因であると言われています。

 

胃腸の健康状態が悪い場合、消化能力が低下し、さらに胃腸内の常在菌中で
悪玉菌と呼ばれる嫌気性菌、つまり代謝によって臭いの元となる成分を作り出すような細菌が増え、
善玉菌より胃腸内で優位にはたらくようになってしまいます。

 

うまく食べたものが消化されないわけなので、胃に長く食べたものが滞留し、
その間に悪玉菌によって多くの臭い成分が作り出されてしまうんです。

 

胃腸の臭い自体が口から湧き上がってくるのはゲップでもしない限りはありませんが、
臭いの成分は胃腸の表面から吸収されて、血液を介して体中に運ばれていってしまいます。
臭い成分は肺にも到達するので、そこから臭い成分が息と混ざって外に出てきてしまうようですね〜

 

胃腸の健康を乱しやすい人の特徴として挙げられるのが下記です。

◎強いストレスを感じやすい人
◎睡眠が足りていない人
◎消化の悪い食べ物ばかり食べている人
◎辛過ぎる、甘すぎる等の刺激の強い食べ物ばかり食べている人
◎ご飯を満腹まで毎食食べる習慣のある人
◎アルコールを摂りすぎている人
◎タバコを吸う人
◎極度に運動不足の人
etc・・・

 

つまり、上記と逆の行動を取ることが胃腸の健康上を正常に保つことにつながり、
結果として息の臭いの原因を取り除くことにつながるということになります。
まずは、普段自分が胃腸に負担をかけるような行動をしていないか?見直してみてはいかがでしょうか(^^)

 

息が臭い原因は病気にまつわる場合も!

 

息が臭い原因として、病気が関わっているケースも多くあるようです。
その具体的な病気としてよく挙げられるものが下記です。

◎虫歯による臭い
◎歯周病による臭い
◎蓄膿症による臭い
◎胃腸関連の病気による臭い
etc・・・

 

病気に関連した息の臭いの原因として最も多いと言われているのが虫歯や歯周病!
虫歯を放置して進行してしまうと、歯や歯茎が溶かし、それが臭いとして発生してしまいます。
また、歯周病によってできる歯周ポケットには口内の雑菌も残留しやすいこともあり、
臭いが作り出されやすい状態となってしまいます。

 

蓄膿症はその名の通り膿みがどんどん溜まっていってしまう病気です。
膿が溜まるのは鼻の副鼻腔というところ。原因は風邪のウイルス、アレルギー、カビなどで
鼻に炎症が続いたりすると起こりやすいようです。
膿の臭いはかなりきつくなる事も多く、鼻と口は当然つながっているわけなので
息の臭いが臭くなる原因となるわけです。

 

また、先程紹介した通り、胃腸の健康状態によって息が臭くなることもあるので、
胃腸に関わるような病気も息の臭い主原因となる可能性があります。

 

 

このような病気が根本原因となって発生してしまう息の臭いの場合、
改善するためには自力でなんとかというよりは、至急病院に行って治療してもらうことが
一番大事であり、放置すればする程息の臭いが深刻になっていってしまいます。

 

まずは、自分が何かの病気を抱えていないか?それが息の臭いの原因となっていないか?
ということも疑ってみてはいかがでしょうか(^^)

 

息が臭い原因まとめ

最後にここまで紹介してきた息の臭いの根本原因3つを改めておさらいしましょう!

◎息の臭いの原因は唾液の量にある
◎息の臭いの原因は胃腸の健康状態にある
◎息の臭いの原因は病気による場合もある

 

まずは、自分の息の臭いの原因がどこにあるのか?!
それをしっかり見極めるために各要因について疑ってみてみてはいかがでしょうか!(^^)!

 

このページの先頭へ
リアルタイムで取引可能